HOME目的から選ぶ >メガソーラーパネル(太陽光発電)のセキュリティ

メガソーラーパネル(太陽光発電)のセキュリティ

メガソーラパネル(太陽光発電)のセキュリティ

今、新たな電気エネルギーとして、太陽光のエネルギーが注目されており、メガソーラーパネル(太陽光発電所)が多数建設されています。

そのような状況の中で、メガソーラーパネル(太陽光パネル)に『ゴミ』がついていたり、その他、鳥の集団など、動物によって光cを遮りエネルギーが蓄積できなくなってしまう問題等が懸念されています。

その他、不審者の侵入により、万が一太陽光パネルが破損したり、壊れたりしたら大変です。
エネルギーの生産性が低下する他、修理費用、新機種の購入等新たな出費が発生します。

太陽光パネル(メガソーラパネル)を守るための防犯対策

太陽光パネル(ソーラーパネル)を犯罪者による破壊、いたずら、放火から守るためには、敷地の中に自由に入れないための外周警備システム、炎検知センサー、異常発生の状況を遠隔から確認するための防犯カメラ、遠隔監視システムなどを連動させるシステムをご提案いたします。

 

●不審者に侵入されないための、外周警備システム。大音量のサイレン等で侵入者をその場で威嚇撃退します。

 

●現場の状況確認・記録(自動録画)のための、防犯カメラシステム

 

●安全対策・放火対策などの、安心・安全システム

 

●iPad、iPhoneで外出先や移動中でも現場のリアルタイムの動画と音声で状況を詳細に確認し、照明を点灯したり設備のテレコントロールができる遠隔監視システムi-NEXT。光学21倍のズームアップでエネルギーの生産量を確認したり、 パネルにゴミなどがついているのを確認したりできます。

 

これらのシステムを組み合わせることにより、侵入を早期発・初期対応を行い、損害を未然に防ぎます。

遠隔監視システムi-NEXTで遠隔から管理。パネルの傷・雑草・鳥のふんなどを遠隔から確認

太陽光パネルが設置されているのは人里離れた場所も多く、ちょっと見に行く、ということが難しいケースが多いです。
遠隔監視システムi-NEXTを導入いただくと、遠隔よりマネージメント。電力低下の原因となるパネルの傷や雑草、鳥のふん等現地の状況をiPadを利用してワンタップで見たいカメラの見たいリアルタイムの動画と音声で確認できます。
外周警備と連動すれば、異常発生時の現場状況をすぐに確認し、「送話機能」で声で威嚇、ということもできます。

ダイレクトに現場の見れる便利さと安心感がある。
デジタルカメラを使用しているため、夜でもとてもハッキリと見える。太陽光パネルの設置場所周辺も監視できるので、設置現場の整備状況などが把握できるため重宝している。

 

 

Share on Facebook